ビットコインに次ぐ仮想通貨 期待度No.1『リップル』とは

ビットコインの陰に隠れていますが、現在、仮想通貨の『リップル(XRP)』が急騰し注目を集めています。

リップルの価格は12月30日に300円付近まで上昇。ビットコインに次ぎ、仮想通貨時価総額で2位となりました。

安定性、スピード、セキュリティに優れた仮想通貨

リップルは、ビットコインよりも安定性、スピード、セキュリティに優れていると言われ、金融機関の送金手段として期待されています。

ビットコインと同じように個人間での取引きももちろん可能ですが、優れた性能を持っているため、リップルのネットワークを利用した安定・安全・瞬時の送金を実現できる可能性を秘めています。

その証拠に、あの有名な『google』が出資し、American Expressともパートナーシップを結び、東京三菱UFJ銀行もリップルネットワークを利用した送金実験を実施すると表明しています。

大手企業がリップルの性能を評価し、今後の新しいシステムの一翼を担うことを期待されています。


▲リップルの価格推移(参照:みんなの仮想通貨)

11月は20円ほどだった価格が12月30日には15倍の300円弱まで急上昇。年初の価格0.76円からはなんと約400倍となり、ものすごい上昇率となっています。

 

リップルを扱っている取引所

国内には10数社の仮想通貨取引所がありますが、全ての取引所でリップルを扱っているわけではありません。

現在10数社ある取引所でリップルを扱っているのは、

  • GMOコイン
  • ビットトレード
  • ビットバンク
  • DMM Bitcoin
  • BIT Point(2018年2月開始予定)
  • コインチェック

の6つです。詳細については下記ページをご覧ください。

» リップルを扱っている取引所一覧・比較