Step13 オークションサイト、フリマアプリで稼ぐ

Step13 オークションサイト、フリマアプリで稼ぐ

いらなくなったものをリサイクルショップやフリーマーケットで売った。という経験がある方も多いと思います。

今のインターネット社会ではそれをオークションサイトフリマアプリを利用し、インターネット上で誰でも簡単に売ることが出来ます。

以前は、オークションサイトしかなく、少しハードルが高い印象があったのですが、フリマアプリの登場により今まで敬遠していた人たちが多く利用するようになりました。

スマホで写真と撮って、商品説明を書き、価格を設定すれば出品が完了するという手軽さがウケている様です。

主なオークションサイト・フリマアプリ

主なオークションサイト、フリマアプリは、

ヤフオク!
Yahoo!のオークションサイト。利用者・商品数が多く一番売りやすい。
プレミアム会員の登録が必要なため月額費用が発生します。

メルカリ
写真を撮ってすぐ出品できる手軽さウリ。フリマアプリNo.1。

フリル
アパレル中心の女性向けフリマアプリ。販売手数料が無料。

ラクマ
楽天が運営。販売手数料が無料。ただし、まだ利用者数が少ないのが課題。

ヤフオクは長年の実績があり利用者数、商品数ともにNo.1。玄人向けで年齢層は高めの印象。

メルカリなどのフリマアプリはライト層向けで若年層や主婦層に人気です。

どれも利用者層が違うので売れる商品も違ってきます。それぞれの特色に合わせたところで出品するのが高く売るコツです。

取引の流れ

実際の取引の流れは、下記のようになります。(ヤフオクの場合)

  • STEP1
    出品する商品を決める
  • STEP2
    商品の写真を撮る
     
  • STEP3
    商品の説明を書く
     
  • STEP4
    価格を決める(オークション形式 or 即決価格)
     
  • STEP5
    オプションの設定をして出品
     

初めは時間がかかるかもしれませんが、慣れればすぐに出品できるようになります。

価格の相場や需要を調べ、その状況に合わせた形で出品することで購入してもらえる確率が上がります。

まとめ

リサイクルショップやフリーマーケットでも商品を売ることができますが、買取価格が低かったり、なかなか売りたい商品が売れなかったりということが多くあります。

オークションサイトやフリマアプリであれば、インターネット上で日本中の人に商品を売ることができます。しかも、ある程度高い価格で売れることが多いのもうれしい点です。

個人情報を明かすことなく取引ができたりするものもあるので、安心して利用できるようになってきていますので、不要なものを売りたいと感じているなら、是非一度利用してみて下さい。

オークションの相場などの情報を調べるときに便利な、「オークファン 」というサイトもあるので興味のある方は活用してみて下さい。

 

NEXT▶ Step14 クラウドソーシングで稼ぐ

◀BACK Step12 ブログを書いて稼ぐ